眼鏡好き

眼鏡の魅力にとりつかれて…

イイ男・イイ女になれる眼鏡選びのコツ!

f:id:tototomtonton323:20170617154616j:plain

 

眼鏡を選ぶのって意外と難しいと思いませんか?

ただ店頭で「これカッコいい」とか「この色いいな」なんて選び方をしている人が多いのではないでしょうか?

実は私も過去にそうやって眼鏡を買って後悔したことが多々あります。

では店員さんに聞いてみたら?と思いますよね?でも、しかし店員さんて、基本お客様の好みを尊重する人が多いような気がします。

商売ですから売るのが仕事。お客様には下手に「コレはお似合いになりません」などとはいえないし、眼鏡鑑定士(国家資格)という資格を持っているとは限りません。

もしもあなたが視力が悪くて眼鏡をかけていて、これから先コンタクトにする気がないなら一生眼鏡のお世話になるのです。それなら正しい眼鏡の選び方を知っておいたほうがお得ですよね。

眼鏡選びで後悔しないようにしっかり自分に似合ってかけ心地の良い眼鏡を選びましょう!

 

 
フレーム選びは自分に似合う色を選ぶ

 

眼鏡を新調するときに、まずはフレームを選びますね。そのとき、色と形で選ぶわけですが、このときついつい自分が好きな色と形を選びがち。

しかし、眼鏡を選ぶときの基準は好きな色や形ではなく自分に似合う色と形なのです。それはフレームの色や形で顔の印象がガラッと変わるからです。

自分に似合う色を知る

人にはカラータイプがあります。カラータイプとは、主に暖色と寒色にわけられその人の「肌、目、髪」の色味から割り出します。

肌は、イエローとオレンジの暖色系とブルー、パープルの寒色系。見分け方は自然の太陽光の元、肌や目、髪の色に黄色を多く感じたら暖色系。青色を多く感じたら寒色系になります。

自分で簡単に判断するには手の甲や手のひら、腕の内側を見てください。肌の色味がイエロー、オレンジ系だと暖色系、パープル、ピンク系なら寒色系です。


似合う色が好みじゃない時は?

自分に似合う色だとしても、その色が好きな色とは限りませんよね。そんなとき結局迷って自分の好きな色を買ってしまいがちです。しかしこれが間違いの元。

好きな色が全く似合わない色だと、顔色が不健康に見えてしまったり暗く感じられたりするからです。こんなときには洋服のコーディネートでカバーしましょう。フレームの色に合わせて全身のコーデを組めば眼鏡のフレームの色の違和感がなくなって素敵に見えるはずです!

好きな色があなたに似合わない色なら顔からはなれた部分に好きな色を持っていきましょう。そうすることでバランスが崩れることなく良い感じのコーディネートが出来上がります。ちなみに似合う色はメイクにも同じことが言えるので、今使っているメイクを見直してみてくださいね。


レンズの色にもこだわりを

色付きのレンズの場合も色にこだわってください。茶系のレンズには濃淡がついて彫りが深く見える効果があります。グレー系のレンズはしまって見える効果があります。知的に見せたい人におすすめですよ。


似合うフレームを選ぶ

色を決めたら今度はフレームの形です。フレームは顔の形で選びましょう。眼鏡が顔に対して大きすぎたり小さすぎてもいけません。顔と眼鏡のバランスがとれていることが大切です。

 

www.jins.com

 

ちなみに顔の大きい人は、眼鏡も太くて重厚なタイプがおすすめです。眼鏡のボリューム感で顔の大きさが目立ちませんよ。


視力はいくつまで矯正したらいいの?

検眼をした後、最終的に視力をどこまで上げるか聞かれますね。だいたい1.0くらいが良いといわれること思います。するとつい、私もそのまま「それで」と言ってしまいます。しかし、その後度数が強かったと後悔することも…

すぐに眼鏡屋に行って作り直してもらえばいいのですが仕事で忙しかったりして結局そのままかけ続けてしまっているのが現実です。

そのようなことがないように、眼鏡を作るときにはなるべくあなたの生活習慣や仕事を伝えてください。店員さんに詳しく伝えることであなたに合った視力に調整してくれるはずですよ。

まとめ

最後にかけ心地を良くするために、鼻の部分に当たる鼻当てや目とレンズの距離間、耳にかかるセルの調整は細かく伝えることです。そして、合わないと感じたならすぐに眼鏡屋さんに行って調整し直してもらうことです。眼鏡は顔の一部です。少しでも自分に合う眼鏡と巡り合えるようにこだわってみてはいかがでしょう。